医学部受験は情報戦! 医者になりたいキミに「メディカペディア」。

受験対策/予備校ガイド

先輩たちの医学部合格プラン

2017.02.20

『豊島岡女子高→日大医学部』邪念を捨てて基礎固めしたのが奏功!”究極の人助け”医師の道への夢かなう

日本大学(医)中村 知さん

日本大学(医)

中村 知さん

▎出身中高
東京都・私立豊島岡女子学園高等学校
神奈川県・横浜市立市ヶ尾中学校

 

▎出身塾・予備校
医学部特訓塾


医学部受験について

1. 医学部進学を考え始めたのはいつ頃ですか?また、理由・きっかけがあれば教えてください。

 私は幼い頃から、父の仕事の都合で何度も転校をしました。その中で、非常に多くの人と関わることで、自己のコミュニケーション能力が磨かれ、どんな人とも上手に付き合えるようになり、次第に友人から相談されたり頼られたりすることが増えました。
その体験から、私は人を助けることに一種のやりがいのようなものを感じるようになり、将来は私が、「究極の人助け」の形だと考えている「医師」の仕事に就きたいと思うようになりました。

2. 現在の在籍大学を志望校に選んだ理由は何ですか?また、どのようにして決めましたか?

  • 天皇陛下の手術をした天野先生をはじめとする腕の良い医師が多いから
  • 土曜日にも授業を行うから
  • 6年間の医学英語教育に力を入れているから

3. 本格的に受験勉強を始めたのはいつ頃からですか?

高校2年生(本格的に取り組んだのは最後の1年間)

4. 医学部の入試情報はどのような方法で入手しましたか?

高校の進路指導室や担任の先生、資料やデータ
予備校の先生、資料やデータ
オープンキャンパスや進学相談会
インターネットのウェブサイト
受験雑誌や書籍
友達や先輩

よく利用した:◎ 時々利用した:◯ 数回利用した:△ 全く利用していない:✕

5. 苦手科目の克服や、得意科目の伸長にあたって、具体的にどのような対策をしましたか?

 苦手科目だった化学と数学は、発展問題に手を出すことを一度やめて、ひたすら簡單な問題を絞り繰り返し解くことによって基礎を固めました。すると難しい問題も、単に基礎の組み合わせということがわかり解けるようになっていきました。最終的に化学は1番の得意科目になりました。
得意だった生物は、資料集を常に持ち歩き、細かいところまで見て覚えるようにしていました。

6. 1日当たりの勉強時間は平均して何時間でしたか?(高校や予備校・塾での授業は除く)

6時間

7. 受験勉強で一番苦労したことは何ですか?また、それをどのようにして乗り越えましたか?

邪念(?)を捨てて、勉強だけに集中することに苦労しました。
それが辛いときには、予備校の仲間や先生方に励ましてもらいました。

8. オススメの参考書があれば教えてください。

数学
基礎問題精講ⅠA,ⅡB,ⅢC / -
生物
合格39題 / 学習研究社
化学
風呂で覚える化学 / 第一学習社

9. これから医学部をめざす後輩へ、メッセージをお願いいたします。

受験勉強を乗り越えて医学部に入れたときの感動と達成感は言葉にできません!
もうこの先なんだって余裕でできるわって思えます(笑)
それをぜひ味わってください。あと、日大に入って下さい(重要)

関連記事

toTOP